黒字倒産という異例の事態がなぜ起こっているのか理由や原因を徹底検証しました。

ビジネス支援センターで会社廃業の知識を学ぼう-ヘッダー画像

黒字倒産とは

「黒字倒産」とは

財務諸表における収益と損益を見る限りは黒字であるにも関わらず、資金繰りが上手く行かずに法人などの組織が破綻状態になり“倒産”してしまうことを指します。

 

本来“黒字”とは、収入が支出を上回っている状態になります。
つまりお金が無い赤字状態とは真逆の状態で、業績が悪くないにもかかわらず会社を解散する手段を取らざるを得なくなってしまうのです。
このような黒字倒産はなぜ起こってしまうのでしょうか。

 

 

黒字倒産の秘密はキャッシュフローに

大雑把な収支管理のイメージ画像

 

黒字倒産は「雑な収支管理」が積み重なった結果引き起こされる人災になります。
というのも、黒字倒産は日々のキャッシュフローにおける収入と支出のタイミングが合わない為に、手元に現金がなくなった事で起こってしまうとされているからです。

 

具体的には、手元にお金がなく売上の入金を待っている状態にも関わらず仕入れの時期が来てしまい、仕入れにおける支払いが行えないといった状況が挙げられます。

 

主に掛けで売上を管理する中小企業としてあげられ、現在も多くの会社が苦しめられているのです。

 

そもそも倒産はなぜ引き起こる?

黒字倒産が引き起こりやすい中小企業という形態において、実際に挙げられる倒産の事例は「売掛金の未回収」「資本の減少」「連鎖倒産」などが挙げられます。

 

それらを理由とした倒産は、どれも業績の悪化や赤字と言ったマイナスな状況が起因しているだけに、黒字倒産という特殊な倒産は特に経営者の目を引くものとなっているのです。

 

 

黒字倒産を防ぐには

お金はきちんと管理しよう

 

黒字であろうと、仕入れを行うための資金がなければ倒産に追い込まれることになります。
黒字倒産のような事態を引き起こさないためにも、経営者は常に会社のお金の流れを追いかけ「今のキャッシュフローを正確に把握しておく」ことが大切になります。

 

危ないと思ったら経営方針を見直す

黒字にもかかわらず毎回の仕入れ時にギリギリの勘定になってしまっている場合は資金がショートする恐れがあります。
そのような場合は今以上に現金収支の流れを意識する「キャッシュフロー経営」を目指して経営方針を改めましょう。

 

キャッシュフロー経営を用いれば、経営に安定感を持たせる事ができる他、堅実な経営が他機関に評価されるメリットもあります。
常に資産の流れを見ている以上、資金ショートの恐れも低いので、ぜひともオススメしたい方針となるのです。

 

 

軌道に乗ってきた時こそ注意が必要に

黒字倒産は売上があるにも関わらず、経営が成り立たない状態を指します。
特に黒字倒産に陥りやすいのが、新規参入で軌道に乗っている企業です。

 

一見問題がなさそうに見える企業でも、急成長にキャッシュフローの確認が追いつかず、知らぬ間に現金が枯渇している事が原因として多いとされています。
最悪な事態が起こる前に、今のうちから経営方針を慎重に検討しておく必要があるのではないでしょうか。